ペットにウサギを飼ってみる

皆さんのおうちにはペットはおりますでしょうか?
我が家にはウサギの「ここすけ」君がいます。
ペットにウサギを買うことについてご説明させていただきます。

ペットウサギのいいところ

ペットといえば犬、猫がメジャーかと思います。パパも昔柴犬を飼っており、そのほかにウサギやハムスターといった小動物も買ったことがあります。その中で今後ウサギを買う人が増えてくるのではないかとおもいます。というのもウサギはとっても飼いやすいペットなのです。

①家計にやさしい

犬や猫を飼うには、まず犬や猫を買うお金が必要になります。人気の種類によってはウン十万。さらに予防接種や去勢費用、餌代といったもろもろの費用が掛かります。
それに引き替えウサギの購入費用は高くても2~3万。我が家に迎えたここすけ君はなんと1,800円。格安です。ゲージやトイレグッズ、餌、チモシー(牧草)の方が高く、ぜ~んぶ含めた初期費用は1万円くらいでした。そのあとも、餌代(フード+チモシー)、トイレのシート(安い犬猫のシートを折って使っています)、くらいで、月2,000~3,000円くらいです。もちろんもっといい餌を買ったりすると高くつきましたがうちはこれで十分。ウサギは爪が伸びるので爪切りと止血剤(血管を切ってしまった場合の備え)をかっても2,000円くらい。犬、猫に比べれば随分と安いことは明らかです。

②鳴かない

犬や猫を買うときには鳴き声が気になりますよね。あまりにうるさいようだとご近所からクレームが来るかもしれませんので及び腰にっちゃいますよね。もちろん鳴かないおとなしいこもいますが、厳密にいうとちょっと鳴きます。ぶーぶーくらいな感じです。興奮しているとき、遊んでほしいときとかにぶーぶーと鳴きます。我が家はアパートですがクレームも来たことはありませんし、全く問題なし。

③あまり手がかからない

ウサギの知能は1歳程度といわれております。トイレはすぐ覚えてくれて、多少違うところにしてしまうことはありますが、基本的には間違えません。また1歳程度の知能を持っているので5感を利用して飼い主を認識します。気まぐれではありますが、部屋での散歩中にもよべば来てくれます。

④散歩に行かなくていい

犬を飼うと散歩が必要になりますよね。基本は毎日。小さい子供がいるとなかなかそんな余裕はないでしょうし、お出かけするときもありますし、疲れている日もあり面倒くさいですよね。
その点ウサギは家の中でケージからだしてあげて、家の中をお散歩させてあげるだけで十分です。一回ウサギ用のリードを買ってゆずちゃんと一緒に緑の多い公園に散歩に行ってみましたが、ベンチの下に隠れて出てきませんでした。知らないところで怖かったのでしょうか。

ウサギを飼うことの留意点

①におい

ウサギは一日のうち食べている時間が長く、そのぶんうんちをたくさんします。なので1日に一回は掃除をしていますが、面倒くさいときにサボると臭いが少々気になります。パパは鼻があまり良くないので人によっては結構気になるかも。掃除はこまめにしましょう。また、部屋で散歩しているときなど、興奮するとなにがしかのにおいを出しているように思います。部屋の掃除も忘れずに。

②なんでも噛む

ウサギはなんでも噛みます。ちょっとでも目を話すと何かを噛みます。ソファーを噛んだり、延長コードを噛んだり、紙が落ちてれば噛みます。おうちの中でお散歩する前にかたずけをしましょう。ゆずちゃんのおもちゃを噛んだ日にはゆずちゃんに怒られます。お散歩のスペースを作ってあげるといいかと思います。

③うるさい

パパは全く気にならないのですが、ママがすごく気にしているのですがゲージを噛む音がうるさいとよく怒っています。朝起きて話声がするとガジガジ、早くきてってことでしょうか。よる居間にいるとガジガジ。ゲージから出してということでしょうか。寝る時にもガジガジ。寝ないであぼーよーということでしょうか。パパはそんな気になりませんが、気になる人は大変かもしれません。耳栓でもしましょう。

③イメージと違う場合がある

ふれあい動物園などでウサギを抱っこしたことがあるかもしれません。そんな想像をしていましたが、ここすけ君は抱っこが大嫌い。全力で逃げます。その際に引っかかれる場合もあります。爪を切るときもママに無理やり抱っこされてやっとのことで爪を切ります。

④固いものを噛ませましょう

ウサギの特性ですが、歯が伸び続けるそうです。普通は歯が下に伸びることを想像しますが、上にも伸びるようです。昔飼っていたうさぎのひなちゃんはこれが原因でなくなりました。歯が伸び続けて頭の方に伸びて行ってしまい、亡くなってしまいました。対策としては牧草(チモシー)をたくさん与えましょう。ラビットフードはハードタイプ等ありますが、牧草が一番いいようです。ウサギはラビットフードの方が好きなので、牧草を全然食べないようなら少しラビットフードの量を減らせば何とか食べるようになります。

⑤飼育放棄しない

何よりも重要ですが、初期費用が安い分、ウサギの世話ができなくなった場合や世話が面倒になったとき絶対に飼育放棄やどこかに捨てるといったことはおやめください。本当に飼えなくなったら里親を探しましょう。

おねがい

わがやのここすけ君はペットショップで購入しました。その後、たくさんの子ウサギが里親に出ていることをしりました。ウサギは繁殖力が強く、思いがけない繁殖がされてしまうことがあるようで里親募集されているケースがありますのでご検討の際には是非ご確認ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です