ドンキで買った「わたあめメーカー」

我が家の近くにはドンキ・ホーテさんがあります。
何かとドンキにはいつもお世話になっており、しょっちゅう利用しています。
ゆずちゃんと2人でドンキいったときに綿あめ製造機があり悪ノリで購入。
実際にやってみましたので報告申し上げます。

お手軽に買える

わたあめメーカーですが、3,000円くらいで買えます。
必要なものは綿あめメーカーとザラメと割り箸のみ。アメからも作れますのでいろいろな味を試したい方はアメもご購入ください。ただし、アメに関しては懸念事項もありますがそれは後程。

実際に作ってみる

わたあめメーカーにザラメを入れるだけ。それでスイッチを入れると中で加熱され、回転体がすごいスピードで回転します。熱で溶けたザラメが回転体のほそ~い隙間から飛び出すような形でわたあめが出てきます。それを割り箸で、キャッチ!そしてどんどん出てくる綿あめを巻き取る形でできます。
まさに縁日のわたあめそのものです。縁日ほど大きくはできませんが、家で食べるには十分な大きさを作れますので、大満足。
ゆずちゃんも大喜びです。

買ってよかったこと

①単純に楽しくておいしい
→まさにこれに尽きます。作るのも楽しいですし、食べても普通にわたあめができますのでおうちで縁日気分。
②お友達が来たときにも便利
→幼稚園のお友達がおうちに来たときにわたあめをふるまうとそれはもう大好評です。
③何かねだられたときにわたあめで凌ぐ
→お買い物の時にお菓子をねだられたときに、じゃあ今日おうちでわたあめでもやろうかといって凌げる場合があります。(毎回ではありません)

注意点

①洗い物が面倒
→ある程度大きい機械ですし、ザラメやアメを溶かして作るので食べ終わった後の洗い物が大変です。熱湯を注いで何とかきれいにします。
②アメで作ると微妙
→うたい文句に、「アメでも作れる」とあり、確かに作れます。しかし。アメで作ると、味がなぜか酸っぱいような感じになります。また、丸いアメから作るからなのかはわかりませんが、細かいわたあめの糸が部屋に舞います。後か片づけも若干厄介になりますのでご注意ください。

おわりに

パパ目線では結構楽しくおすすめ度は高いです。ただし、ママ目線では正直あまり、、、というような感想のようです。我が家でもわたあめを作る際にはパパが片づけまでしないと許可が下りません。
子供は大喜びですし、たまにやる分には非常にいいかと思います。ご購入の際にはよくご検討ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です