[副業FX] ④(続)FXはなぜ負けるのか、その対策

先日FXはなぜ負けるかということについて記載させていただきました。「負けるまでやるから負ける」からです。では、どうすればいいのか今回はそこに焦点を当てていきたいと思います。

勝ちにいくのではなく、負けないことに徹する

FXを始めたころは、目標金額を決めてここまで利益を出す!と勝つことに集中し、いかに勝つかについて、チャートの読み方や、他の方の投資手法を勉強していました。

しかし、どんなに勉強しても、コツコツ積み上げた利益がIS(懐かしいですね)の台頭による急激な円高、スイスフラン急騰(ドルペッグ制廃止思惑)、アメリカ大統領選そのほか、もっと些細な情報により為替が急に増減することで、何度もお金が溶けていました。

そのたびに、「あの時損切しておけば」、「あの時利益確定していれば」、「あの時逆に張ってれば」といった形でたらればを繰り返す日々。確かに損するまでは何度か勝っておりそこそこの利益が出てたりするんです。

その時に方針の転換をします。FXは勝ちにいくものではなく、いかに負けないようにするかを考えるようになりました。

しかし、難しい

最初に思うのはロスカットを徹底すること。いろんな方がやはりロスカットを推奨しておりルールを決めて損切することの大事さをうたっています。

いざ自分の中で、ルールを決めて(例えば、20pips損したらカットなど)すると、場合によってはすぐ損失が計上され、どんどん投資金額が減っていく、また損を切った瞬間に戻ってくるなどの状況が起き、また損を切った瞬間また同じ注文をしてしまう等自分をコントロールすることが非常に難しいという現実にぶち当たります。

さらに国内FXですとレバレッジが25倍までなので、25倍の取引をしていると、損失が生じると証拠金が少なくなりますので、次の取引できる金額が小さくなるということからもロスカットに対する不満が積もります。

結果としてたまにロスカットを外してみたり、徐々に作ったルールが甘くなったり、守れなかったりという状況に陥ります。

じゃあどうする?

この問題は、ギャンブルをやめるにはどうすればいいかという議論と少し似ています。私はパチンコやスロットも一時期はまっており廃人になっていた時期があります。ダメな人間です。

パチンコやスロットをやめるにはどうすればいいか?これはお金を持たないことです。仕事に行くにしても昼食に係るお金しかもっていかない。飲み会とかがあるときはその会費分は持っていく。急な出費に関しては財布を忘れたといって必要な分だけ同期に借りるというような形です。家に帰ってからはお金を持ってギャンブルに行くのもおっくうなので行かなくなる。平日にいかなくなれば土日だけとなり、徐々に回数も減らせます。家族がいれば土日に家を出るのも難しいのでうちに行けなくなります。(家族公認でうちに行ってたら別ですが。)

つまり、何が言いたいかというと、「負けれない環境」を作るということが大事かと思います。投資手法のほうからきちんと損切ができて、自分のルールをちゃんと守れる方はそちらで対応するのがいいかと思います。

具体的にどうする?

FXで負けれない環境を作るにはどうするかが次の課題です。レバレッジをかけなければ、基本的には現物保有と一緒なので国がつぶれない限り大丈夫です。なお、ロスカット基準は証券会社ことに決まっていますので、証券会社のルールで損切される可能性はありますのでご留意ください。

それではつまらない。というか大金を持っていないと利益が全然でない。それでいい方はぜひレバレッジなしでお楽しみください。私の行きついた結論は、

「口座に1回で負けてもいい金額しか入れない、目標金額に達したら出金する」

ということです。どういうことか説明いたします。証券会社の口座に10万円しか入っていなければ、どんなに負けても損失は10万円です。50万円勝ったら一度預金口座に出金し、改めて、証券会社に10万円いれなおす。ということです。ひたすらこれを繰り返す。

これでもし事故が起きた時も10万円の損失ですみます。そもそも金額が小さいので損が出てもパニックになりずらくなります。仮に追加入金しようとしてもいったん入金の手続を踏まないといけないので、ちょっと時間が必要になりますのでパニック状態から戻れる可能性があります。

それだと勝っても少額?

そうですね。国内FXですとレバレッジが25倍ですので、限界があります。じゃあだめじゃん。違います、ここで海外FXの力が強力に発揮されます。

海外FXには入金ボーナスがというものがあり、10万円入金すると10万円のボーナスがもらえます。ボーナス10万円は実際に出金することはできませんが、10万円分負けても大丈夫というものになり、10万円入金すれば20万円分の取引ができ、利益分は全額もらえますし、最大20万円分負けることができます。

さらに、海外FXは1000倍までレバレッジをかけることができます。実際には1000倍の取引をすることはまずありませんが50倍、100倍の取引は簡単にできます。

もちろん、レバレッジをかければかけるほど少しの為替レートの増減で投資金額が倍になったり0になったります。すごい時は数分で何倍にも0にもなります。海外FXの会社はゼロカットシステムを利用している会社が多いので、一瞬で為替が増減したときにも追加の入金を求められることはありません。

実際にいくら投資するかは個人の資金力や経験によりますので一概に言えませんが、なくなっても生活に困らない金額を5等分くらいで実施するのが良いのではないでしょうか。5回に一回5倍以上にできれば勝ちなので、目標金額も5倍とか6倍くらいからはじめるのが良いかと。

短期的なトレード?

私はFXはギャンブルと考えておりますのでレバレッジを高めに設定し、短期的なトレードを実施しております。もちろん、レバレッジを下げれば長期の取引は可能です。レバレッジが1000倍なので証拠金維持率が国内FXより高くなりますので会社からのロスカットされる可能性は低くなります。

実際のトレード

実際に私の投資としては1回30万円~50万円を口座に入れて、ボーナス含め60万~100万円くらいから始め、200~300万円勝ったら出金しています。時に急激に動いて500万円くらい勝つこともあります。ただ、まったく思うように動かず投資金額を何回も溶かしています。今年に入ってからは勝ち始めてきております。これからどうなるかはわかりませんが。

あくまで大負けしない方法

今回はあくまで負けないことに主眼を置きいており、またロスカットできない心理を何とか抑えようということですので、勝ちにいく方法は日々勉強でございます。

おわりに

今回は私の投資の方法を書いてみました。思うことはあるかと思いますが、ロスカットができなくて悩んでいる方はお試しください。もしほかにいい方法があったらおしえてください。次はわたくしが利用している海外FXの会社や投資結果報告をしたいとおもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です