母親vs父親

最近同僚のママさんと子供の話をしていたら、同僚のママさんの旦那さんと僕の意見が一致、同僚のママさんと嫁さんの考えが一致していました。びっくりするくらい同じいざこざが起きていましたのでご報告申し上げます。

論点整理

お互いの主張を述べる前に前提について記載させていただきます。ゆずきちゃんは5歳。幼稚園の年長さん、公文とピアノを習い事をしています。習い事は3歳後半くらいから始めています。おうちにはおもちゃがたくさんあり、宿題なんてやりたくない。でも親としてはちゃんとやってほしい。さてどうする?

父親の主張

習い事の目的は何か。それは習い事(勉強)を好きになってほしい、またその習慣がつけばいいなという目的である。
正直1回2回宿題をサボってもいい。親が怒って勉強を強制すると勉強が嫌いになってしまうのでそれは良くない。むしろ強制されないとできない人になってしまうから逆効果。子供が勉強をしないのは勉強が楽しくないから。一緒に絵を書きながら公文をやったり、発表会形式でピアノの練習をすると喜んでやる。勉強をさせられないのは親の余裕の無さでしかないので、子供に怒るのは筋違い。

母親の主張

そもそも土日しか子供の面倒を見ない父親がなぜ偉そうにものをいうのか。余裕が無いのは当然で、家事をやりながら育児をこなし幼稚園のためにやらなきゃいけないこともある。そんな状態で習い事の宿題まで時間をかけてやっている余裕なんてあるわけが無い。やるべきことをきちっとやるために自分のペースがありそれを乱されるのは厳しい。そもそも宿題をやならいなんてことは考えられない、今後宿題をやらないように育ったらどうするのか。周りの子供はちゃんとできるようになっていってるのに自分だけ進めなかったときに本人が自信を失ってしまう。

両主張の検討

きっと分かり合えないのだと思います。父親は子供目線で主張し、母親は親目線で主張している。父親は理論を話をしており母親は現実的な話をしている。この場合、どちらが正しい、間違っているというわけではない。

結論

どちらも子供のためという目的で一致していることは間違いないのですが、いざこざは起きますよね。本件については父親が家にいるときは父親が頑張って子供のモチベーションを上げて宿題をやらせる。父親がいないときは文句を言わない。結局は分業の話なのですね。それで喧嘩になるのは親に余裕が無いからなのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です